新型コロナウイルスのワクチン休暇制度制定について

NEWS

 当社は、新型コロナウイルス感染防止策の一環として、社員のワクチン接種を促進すべく、新型コロナウイルスワクチン接種時に取得することのできる特別休暇制度を制定いたしました。
 ワクチン接種を希望する社員が、「接種を受けやすいように」、「接種が休日に集中することを防ぐために」、接種日に特別休暇を付与します。また、勤務時間中に勤務を中断してワクチン接種を行う場合には勤務扱いとします。
接種後の副反応により勤務が困難となった場合にも、特別休暇を付与いたします。
当社では、新型コロナウイルス感染防止に向けて、各種施策を展開してまいりました。
今般の特別休暇制度の制定により、社員のワクチン接種へのサポートを行い、社員やご家族をはじめ関係者の皆様の更なる安心・安全の確保につなげてまいります。

 

<新型コロナワクチン休暇制度の概要>

  1. 対象者
     当社社員(正社員、契約社員等すべての社員)
  2. 内容(取扱い)
     所定就業日にワクチン接種を行う場合、接種当日の特別休暇(有給)の取得を可とする。
     特別休暇は、1回目、2回目の接種とも取得可とする。
     勤務日に勤務を中断して接種を行う場合には、中断時間も勤務扱いとし、勤怠控除は行なわない。
     接種後の副反応により勤務することが困難な場合も、特別休暇の取得を可とする。
c KCS Corp. All Rights Reserved.