マルチメディアプレイヤー

PhoMES(フォーメス)とは

 簡単に表現するのであれば、『画像を読み込むと情報にアクセスできるコード』です。今までのバーコードやQRコードは、そのものだけですと、何を表しているか分かりませんでした。しかしPhoMESは、写真、イラストの上に直接埋込むことが出来ますので、直感的でインタラクティブ利用が可能となります。

主な処理の流れ

 以下にPhoMES全体の処理の流れを示します。黄色の部分は素材として、お客様にご提供いただくもの、水色は、それによって利用者(エンドユーザー)が受けるサービスを表しています。

phomes_01_s.png

利用シーン

招待状/手紙

 招待状の『HAPPY WEDDING』を読み取ることにより、招待者の声や動画で案内します。

phomes_02_s.png

 年賀状の『太陽』を読み取ることにより、昨年一年の写真や、今年の抱負を表示します。

phomes_02_s.png

自治体パンフレット (多言語対応)

 日常生活で必要な項目を名刺サイズのカードにして配布。イラストは同じでも、言語とそこに埋め込まれているリンク先を変えることにより、多言語対応が可能となります。

 カードのカテゴリ内容が変わっても、リンク先の内容を変えるだけで済みますので、タイムリーな情報が提供できます。また、再印刷が不要となりますので、コスト削減・カーボンマネジメントにもなります。

phomes_04_s.png

施設案内

 施設案内の写真を読み取るだけで、その内容に関して音声と動画で紹介します。

 商品やお土産のラベルを読み取るだけで、商品の紹介や、オンラインショッピングが可能となります。

phomes_05_s.png

卒業アルバム(電子タイムカプセル)

 顔の部分をカメラで読取ることにより、卒園当時の自分や友達の声、そのままで、将来の夢が聞けます。また、当時の様子を見ることができます。

phomes_06_s.png

Q&A

Q.PhoMES(フォーメス)とは?

 A.特殊なコード(PhoMESコード)を埋め込んだ画像をスマートフォンのカメラにかざすことで、動画・音声・WEBサイトなどを閲覧することができるアプリです。

Q.利用するために準備するものは何ですか?

 A.スマートフォンで読み込む「静止画像データ」と、かざした後に表示する「コンテンツ」をご用意ください。コンテンツは、静止画像、動画、youtubeの動画やホームページなどのURLを使用することができます。

Q.PhoMESコードを埋め込む画像データの種類はどのようなものがありますか?

 A.画像データは24ビットビットマップ形式(bmp)の画像ファイルでお願いしております。サイズは、長辺 640px×短辺 480px~長辺 2,650px×短辺 2,150pxまでとなっております。また、PhoMESコードが埋め込まれた画像データは24Bitビットマップ形式(bmp)形式のみとなります。

Q.1つの画像から複数のコンテンツを閲覧させることは可能ですか?

 A.同じ画像に、別のコードを埋め込んだ画像を用意いたします。二つのコンテンツを表示したい場合、見た目は同じですが、それぞれ別のコードを埋め込んだ画像二つをご提供いたします。

Q.コンテンツはどこに置かれますか?

 A.基本的には弊社のサーバーに置かれますが、コンテンツ表示時にインターネット経由で参照できればどこにあっても大丈夫です。

Q.表示するコンテンツは、チェックされますか?

 A.弊社では、表示されるコンテンツについては確認を行いません。お客様で正しく表示されることをご確認ください。また、内容についても弊社では確認を行いませんが、公序良俗に反しないものをご用意ください。

Q.費用はどの程度になりますか?

 A.お客様のご利用シーンに合わせてお見積りいたしますので、弊社のお問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

提供価格

 お客様のご要望に合わせてお見積りいたします。

 ※アプリ「PhoMES」本体は無料です。

 

google-dlw2135.png
ios-qr_s.png android-qr_s02.png

読み取りサンプル画像

kcscorp_350px.jpg

PhoMESアプリをダウンロード後、上記サンプル画像よりお試しください。

お問い合わせ
© KCS Corp. All Rights Reserved.