HOPE EGMAIN-LX

HOPE EGMAIN-LX

中堅病院様向け電子カルテシステムです

HOPE EGMAIN-LX

高機能の追求

ご利用頂いている数多くの病院から得られた貴重な意見を活かし、 幅広い医療シーンに対応できる高機能をご提供いたします。

使いやすさの追求

簡単に入力・閲覧できる高い操作性を備えています。
例えば利用者毎にカスタマイズできるナビゲーションマップなど簡単操作と使いやすさを追求しています。

導入しやすさの追求

専門の情報担当部門のない病院でも安心して導入できる高いメンテナンス性を実現。
安心して利用できる独自の二重構造、容易なマスタ―メンテナンス画面などを 用意し導入しやすさを追求しています。

拡張性

オーダリングから電子カルテ、看護支援システムまで段階的に導入ができ、効率的なシステム投資が行えます。
DPC対応ツールやチーム医療、クリティカルパス等の多彩なオプション機能や必要に応じて選べる豊富な部門ツール、外部機器との連携インターフェースなどをご用意し導入業務に応じており、拡張が行えます。
地域連携システム「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」と連携し他の医療機関とネットワーク経由で診療情報の共有も可能です。

基本機能

サーバー基本システム

電子カルテツール

看護支援ツール

看護管理、経過表、看護カルテ

基本オーダツール

処方オーダ、検体検査オーダ、移動・食事オーダ、予約オーダ、病名オーダ、指示簿指示オーダ、会計オーダ

各種専用オーダツール

放射線オーダ、病理検査オーダ、リハビリオーダ、透析オーダ、生理検査オーダ、内視鏡検査オーダ、指導料オーダ、細菌検査オーダ、注射オーダ、処置オーダ、手術オーダ、輸血オーダ、麻酔オーダ

オプションアプリケーション

統合部門ツール(手術、リハビリ、透析、輸血)、診療計画オプション(オーダリング、電子カルテ)、DPCツール、DPC管理オプション、外注検査連携オプション、持参薬管理オプション、複数医療機関管理オプション、チーム医療オプション、ヒストリカルビューオプション、マルチカルテビューアオプション、生体検査オプション、PDAオプション

サンプル画像

統合型電子カルテ

カルテ・オーダ・看護の機能を一体化し、1つのデータベースによる情報の管理を行うことで、各職種の方の記載内容がリアルタイムで1つのカルテに反映されます。記載した職種に関わらず、全ての記録を時系列で表示し情報共有を促進します。
また、患者情報や利用者情報、診療情報のマスタなども1つのマスタで管理することにより運用効率を高めます。

HOPE EGMAIN-LX

業務のポータル

パスとしても活用できる診療カレンダーからは診療内容を俯瞰した画面で確認し、そのまま診療内容の詳細閲覧(過去の記載、検査結果参照など)や新たな診療記載が可能となります。

HOPE EGMAIN-LX

やさしいユーザインターフェース

誰にでも分かりやすく、簡単に操作できるように、シンプルな画面デザインを徹底追求しました。

HOPE EGMAIN-LX

同時入力・同時参照機能

複数のスタッフが同時に一人の患者のカルテに入力、参照することができます。また一人のスタッフが同時に複数の患者のカルテを開くことができます。

HOPE EGMAIN-LX

販売価格

ライセンス数 基本料金
- オープンライセンス

実績

当社は「EGMAIN-LX認定パートナー」です。

※「EGMAIN-LX」の製品知識、 医療業界動向に関する知識を有する営業担当者が在籍するパートナー

 

HOPE EGMAIN-LX

お問い合わせ
© KCS Corp. All Rights Reserved.